2015年08月29日

安定しない

たまに初段に行くけど、4級陥落寸前。
序盤で作戦負けして、中盤でも盛り返しても、終盤で致命的なミスをする。
読めてなくて、全然相手と波長が合わない。
安定しないな。
こんなことでは、有段者にはなれない。
posted by Lead-egg at 03:50| Comment(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月28日

十連敗

初段になったとおもいきや、十連敗して、3級陥落。
まだ、落ちるかもしれません。
戦いになる前に、作戦負けして、そのままズルズルと言った感じで、精彩を欠いています。
posted by Lead-egg at 19:51| Comment(0) | shogi club 24 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月25日

新人王獲得

3MKの新人王を獲得しました。
SMKを含めて、初のタイトル獲得です。

中飛車から四間飛車に転向しましたが、なかなかものにできませんでした。
四間飛車の形は、ほぼ変えられないのに対して、居飛車側は、53銀左急戦、53右銀、位取りや天守閣美濃、居飛車穴熊など、いろいろ変化されて、その全てに対応するのが大変でした。
しかし、四間飛車に決めた以上、逃げられないのです。
まずは、急戦の勉強をしました。
高野秀行の『四間飛車がわかる本』は、とてもいい本でした。
細かい変化はあえて省略していますが、エッセンスが伝わる本でした。
私は、この本を盤に実際に並べながら、覚えました。
1つか2つぐらい昇級したと思っています。

新人王戦の棋譜は、新人王戦から、閲覧できます。
posted by Lead-egg at 12:30| Comment(0) | SMK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月23日

32銀型四間飛車

最近の四間飛車の主流は、24手目で43銀と上がるだと思う。
『四間飛車がわかる本』や『四間飛車破り』でも、43銀型で、
斜め棒銀、早仕掛け、棒銀の三大急戦を取り上げている。
しかし、『四間飛車の急所』第2巻では、32銀型をとりあげて、
24手目に、▽54歩、▽64歩、▽12香とする形を詳説している。

今は、▽54歩型を読んでいる。
山田定跡、端角、鷺宮定跡などが出るので、大変。
旧定跡だと思っても、相手が採用すれば、対応しないといけないわけで…

『四間飛車の急所』は、藤井猛が、考えながら書いた感じがして、
学術書のような味わいが有って良い。
posted by Lead-egg at 09:13| Comment(0) | study | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月16日

右四間飛車対策

右四間飛車は、非常に厄介な相手。
中川大輔の本が2つ出版されているが、あちらは右四間飛車側の本で、
いまひとつ参考にならなかった。
藤井猛の「四間飛車の急所」では、居角や居銀が紹介されている。
居角は、▲25歩が来なければ、▽33角と上がらないことだ。
▲25歩と決めてもらえれば、当然ながら▲25桂がない。
居銀は▽31銀と待機すること。22の角にヒモを付けておく意味。
うかつに▽32銀とすると、▲45歩とされて、22の角がスッポ抜ける可能性がある。
そして、あがっても、▽43銀で待機し、▽54銀は保留した方がいい。
▽54銀は、相手が天守閣美濃や居飛車穴熊などの持久戦志向のときにした方がよく、
急戦を誘導してしまう意味がある。
なお、私は、最近4手目▽42飛としている。以前は、▽32銀としていた。
今は、先手の▲56歩をみてから、▽32銀としている。
これも右四間飛車対策の一つだ。

右四間飛車が破壊力が高く、よく潰されるので怖い戦法だ。
しかし、玉の守りでは、四間側が堅いなことが多く、互角のサバキ合いなら、有利なことが多いように思う。

○まとめ
居角、居銀、▲56歩をまって▽32銀、▽54銀を保留して▽43銀
posted by Lead-egg at 10:26| Comment(0) | study | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月14日

定着

1級復帰。
いい感じの将棋です。
1級に定着したいです。
posted by Lead-egg at 22:43| Comment(0) | shogi club 24 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月05日

1級復帰

1級に復帰しました。
山あり谷ありですが、一つ武器にしたいのが、
勝ち将棋の勝ち方が分かってきたということです。
こう書くととても強い棋力の話のように聞こえますが、私の場合は、
優勢になれば、慌てず、相手の手や狙いを殺し、ゆっくり差を開ければいいと
気づいたのです。
以前は、優勢になった時ほど、慌てて寄せを急いで失敗していました。
次は、初段を目指します。
posted by Lead-egg at 08:03| Comment(0) | shogi club 24 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月02日

惜敗

今日は、将棋教室に行ってきました。
私の先手四間飛車に対して、N二段は左美濃。
後手が二手損したので、チャンスと思い仕掛けました。
結果成功し、優勢になったようです。
と金も作りいい感じでしたが、カウンターを喰らい、受けに回されました。
受け無しの局面で、捨て駒をして、王手飛車をかけました。
しかし、それを上回る歩の叩きで負けました。

帰宅後、激指で解析すると、歩の叩きに強く、銀で取ればよかったとのこと。
銀は引くしかないと思っていたので、完全に盲点でした。











posted by Lead-egg at 20:38| Comment(0) | real | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月01日

「四間飛車破り」

昨日は、渡辺明の「四間飛車破り」急戦編を実際に盤に並べていました。
今までは本で読むだけでしたが、長い変化だと追いきれません。
そこで、盤に並べることにしました。
手を使うと、飲み込みが早いように思います。
また、この本は居飛車側の本のように思われますが、居飛車有利の変化だけでなく、
公正に定跡を紹介しているので、とてもオススメだなと思いました。
いい加減、「四間飛車破り」はやめて、「対四間飛車の戦い」とすればいいのにと思います。
posted by Lead-egg at 06:51| Comment(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。